新年のご挨拶

Pocket

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のお引立てを賜わり厚くお礼申し上げます。
本年もスタッフ一同、より一層技術の向上に励み 、お客様にご満足いただけるサービスを心がける所存です。

 

今年は「消費税の増税」が10月に控えております。
8%から10%への増税は、過去2回延期されています。(2015年10月を2017年4月へ延期、さらに2017年4月を2019年10月へ延期)

2019年の選挙、現在の日本の景気、2020年のオリンピック、はたまた日本の消費税増税に対するアメリカの反対など様々な要素が絡み、「また延期があるかもしれない」「いや、今度こそは実施される」など色々な憶測が飛び交う消費税10%への引き上げですが、予定通り実施されても延期されても、そうなってから焦ってことを進めようとしても、何も良いことはありません。
特に「住まい」という大きな買い物では、消費税がとても大きな影響を及ぼします。
増税に伴う「住まい」に関する重要なポイントは2つです。

 

●消費税額は、引き渡し時点での税率により決定する
●税率引き上げの半年前までに契約された住宅は、引き上げ前の税率が適用される(経過措置)

 

…ということで、2019年10月1日以降のお引渡しとなった場合は原則消費税10%となりますが、2019年3月31日以前に契約した場合、引き渡しが2019年10月1日以降でも契約時の消費税8%が適用されます。

 

「まだまだ半年以上先だから大丈夫」とのんびりしているうちに、駆け込み需要で日程にずれが生じ、引き渡しが予定よりも延びて10月1日以降となり税率10%…というようなことがないように、消費税が増税されることを前提に計画的なリノベーション・新築計画をたてて行きましょう。

 

ちなみに、弊社は本日1月7日(月)から平常通り営業しております。
弊社はご相談からお見積り作成まで無料です。
「増税前にちょっと相談してみたい」程度でも歓迎ですので、ご連絡をお待ちしております!

 

 

Pocket