インテリアに”炎”はいかがですか?

Pocket

バイオエタノール暖炉をご存知でしょうか。

バイオエタノール暖炉「ecosmartfire」さんHPより抜粋
~「ecosmartfire」は、バイオエタノールという液体燃料を使用する事で煙や煤を発生させず、煙突や配管等の施工が不要な、新しいタイプの暖炉です。
燃料であるバイオエタノールは、トウモロコシやサトウキビといったバイオマス(植物由来の資源)からつくられ、燃焼しても有害物質は出ません。
暖炉周りが煤等で汚れる事もない為、お手入れも不要。一般的な戸建て住宅のみならず、マンションやアパートにも気軽に設置出来ます。~
詳しくはこちら→ecosmartfireさんのHP

…ということで、ecosmartfireさんの製品なら「マンションだから」「煙突がない(工事が大変そう)」などと、諦めていた憧れの暖炉生活が手に入るのです!!!

 

暖炉がもし我が家にあったら・・・
ゆっくりと家族団らんの時間を過ごしたり、親しい友人と楽しくお酒を飲んだり、読書をしながらうたた寝をしてしまったり…
夢が広がりますよね!

 

ecosmartfireさんなら、こんな感じで設置型や移動可能な家具型の暖炉を選択することができます。
どれもこれも、とってもスタイリッシュです。

製品拡大
※出典:バイオエタノール暖炉「ecosmartfire」HP

 

製品拡大
※出典:バイオエタノール暖炉「ecosmartfire」HP

 


※出典:バイオエタノール暖炉「ecosmartfire」HP

 


※出典:バイオエタノール暖炉「ecosmartfire」HP

 


※出典:バイオエタノール暖炉「ecosmartfire」HP

 

ちなみに、気になるランニングコストですが…
一般的な暖炉と比較した場合、かなりお安く済むようです。
燃料代は1時間に約150円程度とのこと。薪の場合は250円~500円程度かかります。
(ecosmartfireさんのHPでは「薪一束1500円」で計算されていますが、ちょっと高すぎですね。せいぜい500円程度です。)

 

エアコンや石油ファンヒーターなどと比較すると「暖房費」としては高くなってしまいますが、このコストで「暖炉」という最強のインテリア(兼暖房)が実現するのなら、かなりお安いと思います。
また、バイオエタノールはこれからどんどん注目されていく燃料だと思いますので、将来的には燃料費もさらにこなれてくるのでは、と感じています。
さらに、薪暖炉とは違い煤や灰が出ないのでメンテナンスコストもかかりません。

 

ecosmartfireさんでは、家具型の暖炉もスタイリッシュなものがたくさんラインナップされていますが、暖炉といえば設置型!(という個人的なイメージ…)
ということで、新築やリフォームの機会にいかがでしょうか!

Pocket